沢口沢

沢口沢(「サワグチサワ」も「シャクシサワ」もいう)のフリークライミング情報

English Version

場所

静岡市、葵区、郷島。竜爪山の西側で、安倍川を臨んでいる。静岡駅から、約13km。

シーズン

11月~5月。2~4月がベスト。

アクセス

  1. 静岡市内から国道27号(「安倍街道」ともいう)を梅ヶ島の方面へ、牛妻を通る。
  2. 北賤機トンネルをそのまま通る。
  3. 150m北に、「交差点」があり、その右角に日本パネル工業の工場がる。
  4. 右へ曲がって、細い道がわさび田へ至るモノレールの前で通行止めとなるまで進む

注意

わさび田は私有地のため、通れなくなったらアクセスがかなり難しくなるので、下記の点に注意するように:

アプローチ

分かりにくいけど…
  1. 駐車場から、さびている橋で沢を渡って、壁の上の道を歩く(左にわさび、右に沢)。
  2. ボルダーを左へ渡って、モノレールのある壁へ進む.
  3. 壁に乗って(右にわさび)、右側に小屋があるまで進む。
  4. 小屋の直下のレベルで、細いコンクリート壁でわさび田を渡る
  5. 道をそのまま辿って、小屋を回り込んで、再びモノレールのある壁を歩く。
  6. 2本目の太くて黒いパイプが横切るところで(小屋から約30m)、壁を右に降りて、右にある浅い沢を渡って、竹林に入り込む。
  7. 「階段」を登ってから、道を辿って小屋へ。
  8. 小屋を回り込んで、道をそのまま辿る。
  9. フィックス・ロープのあるところを超えたら、道は右へ曲がる、岩に囲まれている広場に着く。
    駐車場から広場までは約25分かかる。

トポ

沢口沢地図とトポ

ルートの詳しい説明

電気屋の逆襲 7m 5.10a
最も左の岩の左(北)面にあるボルトライン。標準状態は で、いくら掃除しても、苔が直ぐ戻る。(掃除した場合は多分5.9。)

竜颯ハング 8m 5.11b
正面にあるかぶっているグルーヴを登る。
核心のムーヴでグルーヴに入り、後は、気を付けて、ガバホールドを辿る終了点へ。終了点直上にある石にも要注意。

20m右に西向きのスラブがあります。

ウルバリン 7m 5.11b
出だしは、ハングの左下から右へ立ち込む厳しいムーヴ。1本目のボルトが遠く感じる。

チュパカブラ 7m 5.10b
スラブの中央。出だしが核心で、上にも辛いムーヴが待っている。

山羊男 7m 5.11a
無理やりにできた1本だが、価値がある。フレークまではきつい。後ろのボルダーを使うと5.9になる!

スクイーズを通り抜けたら、右側に2本のラインのあるスラブがある。出だしは一緒。

スカズルバット 9m 5.10a
右のライン。一段下でビレーしたほうがいい。
左へのハイステップで、スラブの最低点に立ち上がって、右上へ上る終了点へ。

ひばごん 9m 5.10a
スラブの中央を登る。ビレーと出だしはスカズルバットと同じ。
スラブに立ち上がったら、短いコーナーを登る。

次の5本は広場の下(西)にある「お化けブロック」という岩にある。数ヶ所に段差があるので、足元にも注意しよう。最初の4本は岩の北から取り付く。

越後屋 9m 5.10b
カンテの2mほど左の凸凹ライン。北向きで、脆い。ビレイヤーも注意しなきゃ!
ボルトに沿って、しっかりしている終了点まで。岩の様子は初登以来悪くなっている。

天邪鬼 12m 5.10c
正面(西面)の左カンテを登るライン。中間部のムーヴが面白い。
木の横からスクープに乗り込んで、左上に向かう。傾斜が厳しくなるところで、浅いコーナーを使ってちょっと斜めなテラスに出る。一歩右してから、最上部にマントリングする。

ビートルジュース 14m 5.10b
スケールが大きい正面のフェースだが、えらい木の陰でこけている。(2012年に掃除しましたが…)
出だしは天邪鬼と一緒。木の横からスクープに乗り込んで、右上に出て岩の真正面へ。最後のボルトから左へのハイステップで木にある終了点に着く。

ブレア・ウィッチ 14m 5.11a
更に右の細かいフェースを登る。ボルトの位置がちょっと…
えらい木の下から右へトラバースして、ハングの上。テクニカルなステップアップでスラブに立ちあがって、連続する細かいムーヴでフレークをつかむ。一歩右へ移って、浅いグルーヴに入って、右斜め上へ出る。

次の1本は岩の南面にある。取り付きは懸垂下降で、2本のボルトのある狭いテラスへ。

スリーピー・ホロウ 13m 5.8
左カンテの右のスラブを登る。
テラスから直上する、岩のてっぺんに戻る。しなびた木の大枝の下を通るところの微妙なハング部分が核心。木を使えば、グレードはさらに下がる。

次、電気屋の逆襲の左から山の真上を向かう、かぶっている岩へ。(80m位、次のルート(プロジェクト?)があります。)

ビッグハング 17m 5.11b
正面のボルトラダーを登る。
かなりかぶっている出だしの部分が核心で、そのあとは超ガバホールドを辿る、岩の天辺へ。登るなら、早く/早めに!

次の岩場は「ロング・スラブ」という。広場から200m位のつらいさかのぼりしてから着く。ビッグハングの岩を左に通りぬいて、フィックスのある坂を上って、細長いスラブまで。ルートは3本あり、いずれもコケがひどく、掃除すればグレードは2つぐらい下がる。

悪代官 18m 5.10a
左のライン。スラブの最低点から始まる。
出だしは楽が、一本目のハンガーボルトは高く打ってあるので、途中のリングボルトもクリップしたほうがいい。左のブッシュが近くなると、スラブもムーヴも、ともに「シン」になる、テラスまで。テラスは左へ辿って短いコーナーへ。コーナーを出たら、スラブが再び「シン」になる、木にある終了点まで。

混浴トシちゃん 42m 5.10b
中央のライン。
スラブの右角から、ランプを左へ登る。狭いテラスまで直進したら、核心のハングを超える。ランプは今回右へ登る(火遊びゲンちゃんと合流)。最後はスラブを直上に登る(垂直のガーデンの感じだが、岩そのものはしっかりしている)木にある終了点まで。懸垂下降で降りる。核心のハングの横のアンカーで切れることができる。

火遊びゲンちゃん 41m 5.10a
右のライン。ロングスラブの一番いいルート。
混浴トシちゃんの出だしから、そのまま直進する、細いテラスへ。一歩左へ戻って、古いハーケンやボルトが打たれているコーナーへ。すぐに右のスラブへ回り込んで、テクニカルなムーヴでランプに入って混浴トミちゃんと合流する。最後の10mと下降は混浴トシちゃんと一緒。

ロングスラブの30m右に滝がある。普段は枯れている状態で、5.8程度のクライミングで登ることができる。流れているときは非常にきれい。

ロングスラブと滝との間、しかし、地面の約25m上から始まるところに、吊り下げスラブがあります。 下から見ると、分かりにくいが、実はかなりオープンな感じがし、景色も日当たりもいい。
アプローチは、ロングスラブを左へ回り込んで、枯れている沢を渡って、そのまま左上へ進んで、ボルダーを踏むまで。今度は右上を進む同じ沢を逆に渡って、右へ戻るロングスラブの15m上。そのまま進むと、道が狭くなり、右下に吊り下げスラブが見えてきます。 スラブの奥へ進むと、道がかなり狭くなり、滝に着くところに通行止めとなります。
なお、この辺りは高いところです。十分気を付けてください!必要であれば、一時的にフィックスを設置してください。
最後のアプローチは、スラブの上にある丈夫な木から懸垂下降で。帰りは、アプローチの道でもいいけれども、スラブ最下部の5m下に降りてから懸垂下降することが楽。(残置あり、20mで、ロングスラブと滝との間のコルにつく。)
2015現時点、ルートはきれいで、おすすめなエリアです。

周辺視野 16m 5.10a
(中へ臨むと)最も左のラインです。懸垂下降で、木があるテラスに降りてからスタートします。
スラブの左端っこを登ります。出だしは細かいが、すぐに楽になる。小さい木がある水平クラックにキャム(フレンズ#2)をセットし、上部のスラブを登ります。ビレイは好きな木にセットします(残置なし)。

溶けている木の下に 16m 5.10b
周辺視野のテラスからスタートします。
周辺視野の2本目のボルトから、一歩右し、小さい木がある水平クラックへ登る(キャム)。木の右で、ハイステップで上部のスラブに入り、直上します。溶けている木の下に、細かいムーヴで斜め左に進む、最後は周辺視野と合流します。

吊り天井 16m 5.10a
周辺視野のテラスから始まるグルーヴとその上のスラブを登ります。NPは、ワイヤや小さいキャムです。
グルーヴを登り(NP)、右のテラスに出る。スラブをそのまま直進し、最後は狭いテラスにマントリング。木に残置あります。

空中庭園 25m 5.10c
中央の長いラインはいいルートです。出だしはスラブの最も低いところにある地面の柔らかいテラスから。木や中間サイズのキャムにビレイすること。
細いスラブを登る、シンクラックへ(ワイヤ・マイクロキャム)。ちょっと左右するラインで進む、中間のテラスへ。最後のスラブは徐々に難しくなり、核心のムーヴで狭いテラスにマントリングができるまで。終了点は吊り天井と一緒。

クリンゴン・カントリー 12m 5.9
最も右のラインです。懸垂下降で、木があるテラスに降りてからスタートします。
出だしをデリケートなムーヴで超えた後、快適なホールドで登る、傾斜が緩めるまで。最後は楽なスラブ、残置のない木へ(途中、NP(ワイヤや小さいキャム)が取れます)。

次のルートはロングスラブの約90m右にある。遠くないけど、歩きにくい。場面が悪いし、道が上下左右する。しばらくしたら、左奥に(比較的に)きれいなシティスクエアというスラブが見えてきます。

注意: 7x7のスラブの上の中央の一本の木は弱いため、アンカーとして使わないでください。奥と右奥にしっかりしているアンカー用の木がある。

7x7 15m 5.10d
右のライン。
右から始まるバンドをトラバースしてからスタートします。バンドの途中から、ハイステップでスラブに立ちこむ。バンドから1本目のボルト辺りのフィンガーホールドが届かない場合、5.11a。最後のボルトまで面白い。

6x6 15m 5.10b
中央のライン。
7x7の出だしからさらに左へトラバースする。大きい木の手前、スラブに立ちこんで、てっぺんの木の左にある終了点まで登る。

43プライム 15m 5.7
左のライン。いまいちの一本。
出だしは木の裏から。終了点は6x6と一緒。

広場の右上にもう1つのスラブがある。アプローチが崩れやすいため、注意してください。2015現、フィックスあり。

多数は安全なり 20m 5.10b
下のフェースから、スラブの左カンテを登る。
低いフェースを登って、三角形のテラスにマントリング。低いグルーブを左上へ出て、カンテへ。カンテはそのまま木にある終了点へ辿る。

獰猛なパンケーキ 20m 5.11d
スラブの中央。難しい!
木の間を通して、スラブにある浅いグルーブを登って、小さいアンダーへ。よくきかないスメアや細かいホールドを使って、いいフィンガーホールドを取って、クリップ。それにハイステップすると、短いクラックに着く(フレンズ#0~1)。最後は一歩左して、多数は安全なりの木にある終了点へ辿る。

パンケーキ・ミックス 22m 5.10d
獰猛なパンケーキ第3の警官を混ぜることで、スラブの右を10台で登ることができる。
任意のラインから、第3の警官のマントリングをする。そこで、獰猛なパンケーキの核心の上で、左へトラバースする、短いクラックへ(フレンズ#0~1)。最後は獰猛なパンケーキを登る、終了点へ。

第3の警官 21m 5.12a?
スラブの右のライン。獰猛なパンケーキと同じようなものの、核心がもうちょっと登り登りづらい。
短いたっているフェースを超え、グルーブを登り、スラブが立ち上がるところでマントリングする。連続する細かいムーヴでガバをつかんで、森に入って獰猛なパンケーキの終了点へ。

次のルートはスカズルバットから約80m下にあります。降りながら、沢を右に、途中に左に珍しく木に挟まれている石があり、さらに下に印象的な巨大ボルダーがあります。(残念ながら、岩の質が…)20m下に、8m位のフェースがあります。
注意:メインエリアのアプローチからも取り付きできます:フィックスの前のボルダーあたりで、右へ向かって、常に濡れている壁を通して、沢を渡って、上記の巨大ボルダーの下に出ます。

スクオンク 8m 5.10a
ムーヴが面白いが、「足りない」気持ちが残る。
手を伸ばして、深いポケットをつかんで、マントリングして斜めなテラスに立ち込む。ボルトの右で小さなかちホールドを使ってすぐに上に着く。終了点は持ち帰り。

初登情報

日付 ルート名 内容
2010 悪代官
越後屋
ビートルジュース
小泉豊
2010 電気屋の逆襲 渡井高史
2010 混浴トシちゃん 小林俊之
2010 火遊びゲンちゃん 佐藤言
02/06/11 チュパカブラ ニール・ハリソン
02/20/11 ウルバリン
スカズルバット
ひばごん
ニール・ハリソン
03/06/11 山羊男 ニール・ハリソン
04/16/11 7x7
6x6
ニール・ハリソン、フランスァ・ブルギセ
04/24/11 43プライム ニック・シャノン、ニール・ハリソン
01/28/12 スクオンク ニール・ハリソン、寺内アーサ
02/18/12 天邪鬼 ニール・ハリソン
03/16/12 ブレア・ウィッチ ニール・ハリソン
05/05/12 スリーピー・ホロウ ニール・ハリソン、高野晋
03/24/13 多数は安全なり ニール・ハリソン
04/20/13 獰猛なパンケーキ ニール・ハリソン
03/24/14 パンケーキ・ミックス ニール・ハリソン
03/22/15 クリンゴン・カントリー ニール・ハリソン、フランシス・ニューマン
03/22/15 周辺視野 ニール・ハリソン、フランシス・ニューマン
03/22/15 吊り天井 ニール・ハリソン、フランシス・ニューマン
03/22/15 溶けている木の下に ニール・ハリソン、フランシス・ニューマン
03/22/15 空中庭園 ニール・ハリソン、フランシス・ニューマン
? 第3の警官 未登 - どうぞ!
2018 竜颯ハング 本多??
2018 ビッグハング ??